body(体) mind(心) spirit(魂)・・・全人的看護をめざして

ホリスティックナース養成コース

日本ホリスティックナーシング研究会(JHNA)のホリスティックナース養成コースでは、人を身体(body)だけでなく心(mind)と魂(spirit)をも包括し、社会や自然環境との調和の中で生きている全体的=ホリスティックな存在としてケアする看護師を育てることを目指します。

ホリスティックナース養成コース概要
ホリスティックナース養成コース募集要項

1.開設期間

平成30年9月~平成31年9月

2.定員

10名程度

3.資格

JHNAホリスティックナース ※研究会が認定する資格です

4.受講資格

次の各号のすべてに該当する者
(ア) 看護師の資格を有する者
(イ) 看護職として勤務経験が2年以上ある者(常勤・非常勤の別、勤務場所は問わない)
(ウ) JHNAの会員であり、資格の取得に向けて明確な動機をもつ者

5.受講料

5万円(受講料3万円、認定料2万円 ※交通費や課題作成にかかる費用は含みません)

6.応募方法

下記の(ア)(イ)(ウ)について応募期間中に、メールもしくは郵送にてJHNA事務局まで送付してください。
(ア) 履歴書
一般的な履歴書の書式を用いて、下記の項目を含め、作成する

  • 看護師免許の取得年月日と免許番号
  • JHNAへの入会状況
  • ホリスティックナーシングの技術修得状況、実践や教育に携わった経験等

(イ) 受講動機
JHNAのホリスティックナース養成コースの受講動機を記載したものをA4一枚で作成する
(ウ) ベーシックセミナー受講証
JHNAの主催するベーシックセミナーの受講証のPDFもしくはコピーを提出する

7.応募期間・受講決定の通知・受講手続期間

(ア) 応募期間    平成30年4月1日~6月30日 8月10日
(イ) 受講決定の通知 平成30年7月30日 8月21日
           (お申し込み時期により随時ご連絡します)
(ウ) 受講手続期間  平成30年8月1日~15日 8月22日~31日
           (お申し込み時期により随時ご連絡します)

8.コース内容

コースワーク、課題作成、JHNA研究会への参加・発表を通じて学びます。
(ア)コースワーク
ホリスティックナーシングに関する7つの単元を学びます。
1つの単元は講義と演習によって組み立てられています。
コースワークの学びを深めるために事前事後の学習が課されます。
(イ)課題作成
コースワークで学習した内容を自己の実践と統合するための課題です。
個々の受講者のホリスティックナースとしての能力を開発します。
全てのコースワークの受講を終えていることが条件となります。
メールもしくは対面での個別の指導を通じて進めます。
(ウ)JHNA研究会への参加
JHNAの研究会に参加し、ホリスティックナーシングの知識と技術を学びます。
1年後のJHNA研究会では、課題に取り組んだ成果を発表し、ディスカッションを行ないます。

9.コーススケジュール(案)

日時 コース内容 講師等
9月 JHNA研究会
認定看護師開講式・
オリエンテーション
11月10日(土)
13:00-16:00
第1回
ホリスティックナーシングの
哲学と理論
講師:
小板橋喜久代
(京都橘大学)
川原由佳里
(日本赤十字看護大学)
11月11日(日)
10:00-15:00
第2回
リラクセーション
講師:
荒川唱子
(元福島県立医科大学)
1月26日(土)
13:00-16:00
第3回
リフレクション
第4回
コミュニケーション
講師:
木村恵美子
(青森県立保健大学)
宗定水奈子
(東京都立駒込病院
がん看護専門看護師)
1月27日(日)
10:00-15:00
演習 GRACEプログラム 演習:
栗原 幸江
(がん・感染症センター都立駒込病院 緩和ケア科、マギーズ東京 ヒューマンサポートチーム、静岡がんセンター 緩和医療科心理療法士)
3月9日(土)
13:00-16:00
第5回
コーチング
講師:
鈴木 恵
(横浜創英大学)
奥 朋子
(合同会社ウェルネスアトリウム代表 がん看護専門看護師)
3月10日(日)
10:00-15:00
第6回
ホリスティックナーシングの倫理
講師:
田中久美子
(訪問看護ステーションなごみ がん看護専門看護師)
5月25日(土)
13:00-16:00
第7回
癒しの環境
講師:
山野雅之
(女子美術大)
5月26日(日)
13:00-17:00
第8回
ホリスティックアロマセラピー
講師:
相原由花
(ホリスティックケアプロフェッショナルスクール)
川原由佳里
(日本赤十字看護大学)
資格審査にむけての課題の提示
7~8月 課題作成のための個別指導 指導:認定委員
9月 認定資格審査 審査:認定委員
9月 JHNA研究会・課題発表
閉講・認定式

10.資格審査基準

(ア)出席:コースワーク、課題作成のための個別指導、JHNA研究会
(イ)取り組み:コースワークの事前事後学習、課題作成、JHNA研究会での発表
 <審査基準>

  • ホリスティックナーシングの哲学に基づいている
  • ホリスティックナーシングの知識や技術に基づいて実践が展開されている
  • ホリスティックナーシングの実践として妥当であり、有用である
  • ホリスティックナーシングの実践として新規性があり、発展性がある
  • ホリスティックナーシングの実践を具体的に分かりやすく伝えることができる

11.多様な受講方法について

JHNAでは、資格取得をめざす方々に多様な受講方法を用意しています。
(ア)長期履修
受講者の事情によって1年間で全てのプログラムを終えられない場合には、受講開始より3年間にかぎり、未受講分のプログラムを受けることができます。その場合、初年度に納めた受講料以外の費用はいただきません。
(イ)ベーシックセミナーの受講による振替え
JHNAの主催するベーシックセミナーの受講をコースワークの一部として認めます。振替えをする範囲 と受講料の減免については個別に審査しますので、応募する際に受講証のコピーの提出をお願いいたします。

【応募/お問合せ先】
日本ホリスティックナーシング研究会事務局
〒150-0012  東京都渋谷区4-1-3
日本赤十字看護大学守田研究室内
e-mail:info@jhna.jp URL http://www.jhna.jp

PAGETOP
Copyright © 日本ホリスティックナーシング研究会 All Rights Reserved.